イソフラボンで抑制

むだ毛の処理を施しても二度と生えてこないというケアはありませんね。カミソリで剃る、リムーバーで除毛する、家庭用の脱毛器を利用する…など様々なむだ毛の処理方法があります。

 

使う人のむだ毛の度合いや体質、その他の事情によって違うでしょうがそれぞれ工夫をしながらケアをしているはずです。いったん除毛した後のケアでそのあとのむだ毛の状態が変わってくるのは確かです。

 

むだ毛が生えやすい肌環境にしないことがまず1番ですね。むだ毛処理の後に効果的なのがイソフラボンと言われています。毛乳頭の活動を抑えてくれる豆乳イソフラボンが配合されているローションやクリームなどを使うとむだ毛の再生力を抑えられるというわけです。またむだ毛、体毛って男性ホルモンとのかかわりが深いです。

 

男性ホルモンは先ほどの毛乳頭を刺激して、むだ毛のスピードを速めてしまうのです。ということは男性ホルモンの分泌を弱めればいいということになります。これにもイソフラボンは効果的。女性特有のホルモンバランスの乱れにもイソフラボンは有効に働く成分として取り上げられますね。豆乳ローションの人気も高いです。

 

使い始めは即効的ではないかもしれませんが、徐々に効果が表れてくるものが多いので、除毛の後のケアにはイソフラボンはおススメです。人気の高いローションにパイナップル豆乳ローションがありますね。

 

あちらも豆乳イソフラボンのパワーをしっかり活用しているローションです。むだ毛の量が減ってきたという口コミも多数ありますね。ただローションをつけていればいいというわけでもないでしょう。

 

つけるタイミングや肌の状態でも後々の効果の出方に差が出るはずです。もちろん除毛後にローションを使うこと。その際には毛穴がふさがっていたり、肌が清潔に保たれていないとイソフラボンの持つ働きが浸透していきません。浸透力を高めておく必要がありますね。

 

またむだ毛を抑制し、若々しい肌をキープする女性ホルモンを増やす努力も別のアプローチで必要です。肌へのアプローチだけでなくイソフラボンがたくさん摂取できる食材や飲み物などを食事にとりいれたり、女性ホルモンの働きに似たサプリメントや女性ホルモンを刺激するようなサプリメントを摂ることも可能です。積極的にイソフラボンを体に取り入れてむだ毛のないツルツルの滑らかな肌を目指しましょう。