ムダ毛処理

むだ毛はてっとり早くカミソリや毛抜きで剃ったり抜いたりしている人が多いと思います。そんなに時間をかけていられないし、お金もかかるむだ毛のケアのためのエステ通いにも限度があるでしょう。

 

お風呂タイムとかリラックスタイムのついでにやってしまうという人多いようです。問題はこの処理の後なのですが、毛穴のまわりというかポツポツができる経験はほぼ100%の人が実感しているのではないでしょうか。

 

ポツポツの種類も赤みのあるポツポツと黒いポツポツの2つがあるようです。これはむだ毛処理のアフターケアをきちんと行うことで解消されていくものです。

 

赤のポツポツの場合はお肌が敏感になっているということになります。特にカミソリを使うとなりがちな状態です。カミソリはむだ毛をカットしてくれるのですが同時に肌表面を傷つけています。むだ毛を剃った肌表面は乾燥が進んでいます。よくカサカサな感覚になった経験はありませんか。

 

このような状態になる前に十分な保湿が必要になります。またカミソリを使うときは同じ刃を使い続けるようなことをせず、清潔を保ち雑菌の繁殖を防ぎます。脱毛クリームや除毛剤での脱毛も方法としてはありますが、敏感な肌の人には刺激が強くて影響を受ける場合も多いです。

 

黒のポツポツは敏感肌とは違って毛穴から出ないまま皮膚の中で丸まっている埋没毛です。このポツポツは毛抜きで抜いたときにかなりの確率でできやすいものです。埋没毛をなくしたいばかりに強引に抜こうとすると毛穴が傷つくので肌表面の状態は悪化していきます。そのまま悪化を続けると皮膚の色素沈着が起きるという最悪の事態を招きます。

 

毛抜き使用の場合は埋没毛ができるのが普通だと考えて処理するのが賢明でしょう。むだ毛の処理は時間もないからてっとり早くとカミソリや毛抜きを使っているという方はいるでしょうが、後々のお肌の状態のことを考えるのであれば、脱毛サロンや皮膚科など医療機関で脱毛をするほうがいいでしょう。

 

その後のケアもアドバイスしてもらえるはずです。また自分の肌の状態は人それぞれあるのでこれがベストと決めつけずに、工夫しながらむだ毛処理はしていくほうがいいでしょう。